家庭で実践可能!シミを薄くするのに役立つ食べ物4選

家庭で実践可能!シミを薄くするのに役立つ食べ物4選

 

外仕事が多い、忙しくてお肌の手入れをする時間がない、
年齢が高くなってきた等の状況により、肌にしみが増えてきたという人が多いかもしれません。

 

 

シミの種類にもよりますが、その多くはセルフケアによってシミを薄くする事が十分可能です。

 

 

なぜなら、皮膚は再生されるからです。皮膚自体も新陳代謝の作用があり、その周期は28日と言われています。
それで、体を内部から改善していくことによりシミ自体を薄くしたり、消す事も可能になってきます。

 

ですから、何を食べるかがポイントになってきます。
ここでは、シミを薄くしたり消すのに効果のある食べ物を含有成分とともに4つご紹介します。

 

 

ゴーヤによってビタミンCを効率よく摂取

 

ビタミンCは美白に有効成分として真っ先に挙げられる成分です。

 

 

ビタミンCを含んだ食べ物はたくさん存在しますが、その中でもゴーヤはおすすめの食材です。

 

 

ゴーヤはビタミンCだけでなく、食物繊維や鉄分なども栄養素が高い食物です。普通野菜に含まれるビタミンCは、熱に弱いという特性があります。熱を加えるとビタミンCが破壊されてしまう事が多いのですが、ゴーヤに関しては熱を加えても問題がありません。さらに、ゴーヤは南国の野菜で普段紫外線を多く浴びて育っているので、シミに大敵の紫外線を予防する成分が他の野菜に比べて多いと言われています。

 

 

トマトはリコピンが豊富

 

 

リコピンは抗酸化作用があります。酸化というと、鉄のさびをイメージするかもしれません。

 

 

 

さびによって鉄はボロボロになっていきます。人間の体も同じ理屈で、
抗酸化作用の成分が含まれている食べ物を摂取するとアンチエイジングに効果があります。

 

 

リコピンはトマトに豊富に含まれています。リコピンのもう一つの作用は、メラニンの生成を抑制することです。

 

 

肌にしみができたり黒ずんだりする原因は、メラニン色素が活性酸素によって生成することですが、
トマトに含まれるリコピンはその活性酸素を破壊する作用があるため、しみを消すには必須の成分なのです。

 

リコピンは油と一緒になると吸収率が高まるので、トマトサラダなどでドレッシングと一緒になどの食べ方はおすすめです。

 

マグロはL-システイン

 

L-システインはタンパク質のもとになる成分です。

 

L-システインは、リコピンと同様メラニンの生成を抑えます。さらに、体全体の新陳代謝の活性化にも大きな効果を発揮します。

 

ここではマグロを紹介したように青魚などのL-システインは多く含まれています。
ですが、大豆や乳製品からも摂取可能なので、魚が苦手がという方は豆類を積極的に摂取してください。

 

 

ベリーによってエラグ酸

 

エラグ酸は最近注目を集めている美白成分です。エラグ酸はポリフェノールで、
クランベリーやザクロに多く含まれています。抗酸化作用が強く、お肌の細胞の老化を防止する作用があります。

 

 

シミを薄くするには、効率良く古い肌を排出し、新しい皮膚を作る代謝のいい体を作っていくことが重要です。

 

ここで紹介した食べ物はすべて、美白や老化防止に効果があるとされているものです。
家庭でも手に入るものばかりですので、是非積極的に取り入れるようにしてください。

 

 

加えて、食べ物だけに頼るのではなく規則正しい生活習慣も心掛けていくなら、さらに効率的に肌にシミを薄くすることができます。